豆知識

軟性と硬めシリコンヘッドの説明

昨日、ちょうどツイッターで他の代理店の投稿を見ました。
その動画は大体Waxdollの軟性と硬めシリコンヘッドに関した紹介です。実は私はWaxdollの事務所と工場を何回見学しました。TPEラブドールのAXBDOLLというブランドも同じ会社の商品で、日本でよく知られています。軟性シリコンヘッドという言い方は一度も聞いたことがありません。
昨日その動画を見た後、早速にWaxdollの担当に連絡しました。色々確認して、軟性と硬めシリコンヘッドの区別や注意点をまとめて記事を書きました。

1、Waxdollの工場では確かに軟性シリコンヘッドと硬めシリコンヘッドという2種類があります。

2、軟性シリコンヘッドは硬めシリコンヘッドのほうより非常に柔らかくて、オーラル機能が付いております。
口の深さは大体10cmになります。
硬めヘッドがオーラル機能がありません。

また、軟性シリコンヘッドに植毛型の眉毛と睫毛が対応できますが、植毛されても、眉毛と睫毛が落ちやすくなるのはデメリットだと思います。
シリコン製の素材なので、普通のように市販用の化粧品で眉毛と睫毛を描くのは非常に大変で、着色するのも難しい。

国際運輸なので、送料、税関費用などのコストが非常に高くて、お客様側が受け取った後、
眉毛や睫毛が落ちるというクレームは対応できかねます。
もし確かに軟性シリコンヘッドを希望される場合、上記の症状に面する覚悟が必要だと思います。

3、埋め込み型のヘアは硬めシリコン製のヘッドしか製造できません。

4、弊社はデフォルトに硬めシリコンヘッドだけを販売しております。今後も柔らかいほうを販売する予定がありません。

WAX030-013

ネットで色々探してみましたが、今まで二つのシリコンヘッドの区別を詳しく説明する文章などが殆どありません。
元々シリコン製の商品は大体の選択肢が同じで、何も説明せずに軟性のシリコンヘッドという項目を商品ページで掲載するのは楽だと思います。

強い使命感と責任感を抱いて弊社は工場の担当と確認できなければ、勝手に取り扱っておりません。 

2021年6月11日(金)

コメントを残す